埼玉の看護学校で憧れの看護師になりました

近くの病院で働いている母が誇りでした

埼玉県の看護学校に進学を決めたのは、以前から夢だった看護師への憧れを捨てきれなかったからです。
私の母は看護師で、働きながら家庭を支えていました。
毎日忙しく過ごす母の姿は子供時代の思い出として残っており、近くの病院で働いている母が誇りでした。
困っている患者さんを助けられる人間になりたい、自分も誰かの力になれるような人でありたいとの思いを捨てきれず、社会人になって数年後に看護学校を目指すことを決めたのです。
一口に看護学校とまとめても、さまざまな学校が存在しています。
本格的な実習を何度も行う学校や、世界的な視野を持つ人材を育てるための企画が豊富な学校など、目移りしてしまうほどでした。
そんな中、母の意見も参考に私が入学を決めたのは、国家資格の取得サポートがしっかりとしている埼玉県の看護学校でした。
この学校は生徒全員が国家資格を取得できるようにサポートを行っており、たくさんの企画も用意されているのが魅了でしょう。
国家試験出題基準に補講を行っており、本気で試験対策ができる点も嬉しいポイントです。

近くの病院で働いている母が誇りでした埼玉県の看護学校に通うことを決めました諦めずに最後まで頑張れば資格も取得できます